富士屋ホテルの味  富士屋ホテルには、代々受け継がれてきた味があります。 先代の料理長が守り続け、多くのお客様に愛され続けてきた“富士屋ホテルの味”をご紹介いたします。

お客様に愛され続ける、技と心のこもったメニューの数々。
こだわりの「富士屋ホテルの味」を、どうぞご賞味ください。

1
「湧き水」と「コンソメ」

富士屋ホテルのこだわりの水とその水のおいしさを特に味わえる「コンソメ」についてご紹介します。

2
富士屋ホテルのカレー

富士屋ホテルで不動の人気を誇る、「カレー」についてご紹介します。

3
フランス料理

富士屋ホテルの味を絶やすことなく受け継がれてきた「フランス料理」についてご紹介します。

4
日本料理

目でも舌でも味わえる、芸術品のように繊細な「日本料理」についてご紹介します。

5
パン

富士屋ホテルの味を受け継ぐメニューのひとつのパンの定番商品についてご紹介します。

6
富士屋ホテルのアップルパイ

代々受け継がれてきたレシピを守り作られるアップルパイについてご紹介します。

  • 「湧き水」と「コンソメ」
  • 富士屋ホテルのカレー
  • フランス料理
  • 日本料理
  • パン
  • 富士屋ホテルのアップルパイ

長く愛される味です。

富士屋ホテルのカレー  愛され続ける味の秘密

富士屋ホテルで不動の人気を誇る、「ビーフカレー」。
愛され続ける味の秘密をご紹介いたします。

※現在、富士屋ホテルは休館中ですが、別館「菊華荘」のランチタイムにてビーフカレーを含むセットメニューをお召し上がりいただけます。

富士屋ホテルのカレーについてご紹介

今上天皇もお召し上がりになられた「ビーフカレー」

カレーのこだわり  コンソメを使用し、まろやかな味に仕上げる

通常カレーにはブイヨンなどを使うことが多いですが、富士屋ホテルではコンソメを使用し、仕上げをした後にさらに寝かせ、驚くほどまろやかな味わいに仕上がっています。
「カレーを食べに富士屋ホテルに行こう」とわざわざ足を運んでくださるほどのファンも多いカレーを、是非ご賞味ください。

メインダイニング「ザ・フジヤ」で  優雅なランチタイムを

2018年4月より、耐震補強及び改修工事実施の為、約2年間休館いたします。 休館中は、別館「菊華荘」にてビーフカレーをお召し上がりいただけます。

住所 〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359

おすすめの富士屋の楽しみ方


このページの先頭へ